ベジママを妊娠初期におすすめする理由とは?

妊娠初期には、さまざまな栄養が必要となりますが、中でも厚生労働省から摂ることを推奨されているのが葉酸です。
葉酸は普段から野菜を食べていれば比較的問題ないのですが、野菜をあまり食べなかったり、外食が多いという人は不足しがちな栄養になります。

 

妊娠初期にこの栄養をしっかり摂ることによって、赤ちゃんの先天性異常のリスクを低くする効果があり、増血作用によって赤ちゃんの栄養不足を予防して、貧血を軽減することができるなどがあげられます。

 

葉酸を上手に摂れないという場合には、ベジママがおすすめです。

 

とくにベジママは、しっかり一日分の葉酸が含まれているほか、血糖値の乱れや糖代謝異常を改善する効果のあるピニトールという成分やミネラルが豊富で整腸作用、酵素が多く含まれているルイボスなどの成分が配合されており、アンチエイジングや美容などの効果も期待することができます。

 

また、ベジママの粒の大きさは0.8cmでサプリメントとして飲みやすくなっています。味は青臭いニオイがあり、服用すると苦味のある野菜のような味がします。
GMP工場で製造されているため、安全性も高く安心して飲むことができます。

 

妊娠初期に摂取する栄養も赤ちゃんには影響を与えるものです。栄養バランスの考えた食事をしっかり行なうことを前提にして、その上で足りない栄養素をサプリメントで補っていくことが大切です。また、妊娠の時期に合わせた栄養を摂っていくことも重要となります。

 

妊活中は、夫婦で摂ることが大切です。男性が葉酸を必要ということは、まだまだ浸透していませんが、男性側に不妊の原因がある場合が結構な割合であることがわかっています。

 

ですから、男性も葉酸サプリを摂ることが重要なのです。